幅広い診療で患者様のお口の悩みを解決します

インプラント

インプラントとは

インプラント治療とは、顎の骨にチタンの人工歯根を埋め込み、そこに人工の歯を装着する治療です。
顎の骨の中に直接結合しているため、天然の歯とほとんど変わらない機能と外観を回復することが出来ます。
インプラントにすれば

よく噛める
長持ち(ほぼ永久的)
自然感があり 、機能的
将来、噛み合わせの変化が少ないので、顔の変形が少ない
残った歯への影響が少ないので、より多くの天然歯を残せる
インプラントブリッジも可能(中央部の骨が薄いとき )
顎の骨がやせるのを防ぐ効果がある


等のメリットがあります。
ただし、手術が必要であったり、治療期間や費用がかかるといったデメリットもあります。

他の治療法との違い

もし歯が無くなってしまったら、インプラント以外に、入れ歯、ブリッジという治療方法が考えられます。

入れ歯

多くの方が使用しており、治療費が安い、比較的治療が簡単である半面、様々な課題があります。健康面においては、

 

バネをかけた歯に大きな負担をかけてしまい、数年で使用しづらくなることが多い
食べもの残りかすがたまりやすくなり、口内が不衛生になりやすい


などの問題があります。
機能面においては、

 

咬んだときに痛みがでる
硬い食べ物が噛みにくい
食べ物の味がわかりにくい

 

等の問題があります。
さらに精神面においては、

 

見た目が美しくないことに対しコンプレックスを感じやすい
食べる行為自体がコンプレックスになり食事が楽しくなくなる


などの問題があります。

ブリッジ

ブリッジとは、欠損歯の代わりとなる人工の歯を、両隣の歯にかぶせる冠と一体で作ったものです。つまり、両隣の歯を土台にして人工歯を支える方法です。
固定式なのであまり違和感なく、治療が短期間で、セラミックを使用すれば天然歯のように綺麗に出来ますが、課題もあります。例えば、

 

ブリッジと歯肉の間に食べかすが詰まり、口内が不衛生になりやすい
抜けた歯の骨がやせてしまうことがある
支えになる歯に大きな負担をかけてしまう
発音に問題が発生する場合がある


等の問題があります。

抜歯即時埋入法

抜歯即時埋入法とは?

抜歯をした直後、歯を抜いた所にインプラントを埋め込む方法です。

従来のインプラント治療では、抜歯した場所の傷口が完全に治癒してから、歯肉を切開してインプラントを埋入します。
この方法では、抜歯時とインプラント埋入時の2回の手術と長い治療期間が必要なため、患者様にとって負担となってしまう場合がありました。

抜歯即時埋入法では、抜歯と同時にインプラントを埋め込みますので、治療期間を短縮できます。
また、抜歯によってできた穴にインプラントを埋入するため、歯肉のダメージが少なく済むので、審美的にきれいな歯が入ります。

抜歯即時インプラントは難しいテクニックですが、研究や技術開発によって症例に次第では信頼のある治療方法になっております。

・利点
1. 切開、剥離をしなくて済んでしまう事が多いので痛みや腫れが少ない。
2. 抜歯とインプラント手術の通常だと2回の外科処置が必要だが1回の手術で済むため身体的、精神的負担が少ない。
3. 抜歯と同時にインプラント埋入するので治療期間が従来より短くて済む。
4. 抜歯直後は、治る力が活発に働きかけられる為、傷口の回復が早い。
5. ドリルを使い、骨を削ったりする量や時間が少なくてすむ。
6. 歯肉(歯ぐき)などの柔らかい組織の形が維持しやすい。
7. 早くに見た目の審美性が回復しやすい。
8. 骨の移植や軟(結合)組織移植など追加での手術が必要になる事が少ない。


・欠点
1. 骨の形状や状態によってはインプラントを埋入・固定することが難しい場合があります。
2. 歯肉や骨の状態によっては、追加の手術が必要になってしまう場合があります。
3. 歯肉を剥離しない為に手術に高度な技術と繊細さが必要とされる。

歯医者の選び方
いつあき 横浜の予防歯科ガイド スタッフブログ 東京SJCD SJCDインターナショナル Job Times ドクターズファイル すぐわかるDentcure 楓歯科クリニックの口コミ 患者様専用ダイヤル 045-531-0555